御嶽神社 里宮
おんたけじんじゃ・みたけじんじゃ

鎮座地 長野県木曾郡王滝村

奥 宮  御嶽山(標高3036m)の頂上

ご祭神 国常立命
    大己貴命
    少彦名命
(俗称) 岩戸様
御嶽神社 鳥居
お山に眠っておられるのかな? 御嶽山の山岳そのものが神であるという信仰に起源すると考えられています。開山は役小角といわれ、大宝2年(702)信濃国司高根道基により奥宮が創建され里宮は文明16年(1484)に創建。

 それ以後入山するものが絶えていましたが、天明年間(1781〜89)尾張国の覚明(かくめい)が再開し、次いで武蔵国の普寛(ふかん)などの修験行者が御嶽山神の功徳を説き世人に登山遥拝を勧め、再び御嶽山信仰は世の注目を集めるようになりました。

 神道十三派の一つに御嶽教があります。木曾御嶽の霊山を根本道場とする山岳系教派で、岐阜県側の黒沢口登山道の開闢をした覚明(御嶽教では覚明霊神と仰ぐ)と長野県側の王滝口登山道を開いた普寛(普寛霊神と仰ぐ)を開山霊神と仰ぎ、江戸時代中期の天明・寛政年間(1781〜1801)を中心として、山岳宗教から村里の布教へと展開して結社された宗派神道です。立教創設者は、熱心な御嶽行者であった幕末・明治期の神道家下山応助です。御嶽教の奉斎主神は国常立命・大己貴命・少彦名命の三柱で、この三神を御嶽大神と称え開山霊神(覚明霊神・普寛霊神)と天神地祇八百万神を配祀神としています。木曾御嶽に登拝して六根清浄を唱え、禊祓・太陽信仰息吹の行法などの修行によって悟道に入るのを教旨としていますが、なかでも根本道場である御嶽山登拝が中心です。

◆念願の御嶽山登拝にて
BACK