晴明神社
せいめい

ご祭神 安倍晴明御霊神

鎮座地 京都市上京区堀川通一条上ル晴明町

アクセス 京都駅より市バスで堀川今出川
     または一条戻橋下車。
晴明神社拝殿
 御事歴
 御祭神晴明公は孝元帝の皇子大彦命の御後胤にして幼時より甚だ御賢明な方にて万の道に秀でられ、特に天文暦学の道に通達し神道自在の妙術を得られた。長ずるに及び天文陰陽博士として朱雀帝より村上、冷泉、円融、花山、一条の六代の帝の側近に仕えられ数々の功績をたて給ひ、中にも村上帝の御代進んで入唐し、城刑山にて伯道仙人の神伝を承け帰朝するや我国独特の陰陽道を確立され朝廷の祭政、民族生活の基範を定められた。今日我々が日常生活の基準とする年中行事、歴術、占法等、皆この時を創りとする。
 晴明公は御在世中より神の如き御高徳の方にて、移り行く星雲を見ては宮中の変事を予知し遠国の吉凶を判断されるなど朝野の信望を寄せられ、斯くて一条帝の御代寛弘二年九月二十六日、御年八十五にて薨死された。
 晴明御霊神として祀られるや、我国陰陽道の祖として広く世の崇敬を受けられ祈るに任せて皆々奇偉なる霊験に浴し、方除守護、火災守護、病気平癒等疑ひなきものなり。
お守りステッカーなのだ。晴明桔梗印
 当社の神紋は俗に晴明桔梗ともいはれ、晴明公の創められた独特のもので陰陽道に用ひられる祈祷呪符の一つである。天地五行(木・火・土・金・水)を象どり宇宙万物の除災清浄をあらはす。ギリシャ語でペンタグランマと称し西洋諸国にても魔除の印しとしている。旧日本陸軍を初め各国軍隊が星の紋章を使用し又幔幕の縄通し衣服の一端に縫ひ込まれるのも皆厄除開運を願ふ故なり。
〜晴明神社由緒より〜
可愛い晴明さん?(*^^*)
漫画家 岡野玲子さんの絵馬を発見。
 本殿の北よりにある堀井を晴明水と云って、晴明が祈祷によって湧き出させた霊水で、悪病難疾を平癒させる晴明水の名声が高く、遠方からも霊水を求める人が絶えない。
 また、晴明神社では、晴明公の御神示による人生相談(宮司さんが占ってくれる)があり、参拝した日にも多くの方が順番待ちをされてました。


戻り橋の欄干。 晴明神社から南へ100mのところに一条戻橋があります。奇怪な伝説が数多く伝えられる橋で、安倍晴明が父親の惨殺死体を秘術の限りを尽くして蘇生させた場所です。
 またこの戻橋で美しい女性に出会った渡辺綱が川面に映った鬼の顔を見て魔性の女と見破り、その鬼女の腕を斬り落とした伝説が残っています。


 安倍晴明が自在に操った式神を封じ込めたのもこの橋です。現在では、その面影もありませんが、それでも葬列や花嫁は、この橋を渡らないといわれます。
BACK