白山比咩神社

ご祭神 菊理媛命
    小白山比咩命
    大巳貴命


鎮座地 山口県岩国市横山二丁目8-10


 旧社格懸社。場所は錦帯橋のある吉香公園内。永興寺伝記によればこの社は永興寺の鎮守社であったと記してあり、また永興寺所蔵の神輿には永禄二年(1559)正月の字が刻まれている。
 萩の近藤清石の風土記によると、鎮守社云々は誤りで一時永興寺僧徒の奉仕したことが推し図られるとしている。社前の石鳥居は元禄七年(1694)吉川広紀<きっかわひろのり>(四代岩国藩主)のご寄進で石柱に宇都宮遯庵<うつのみやとんあん>(漢学者)の碑文がある。享保十二年(1727)に再建された大規模の社殿は明治二十三年(1890)に焼失した。現在の建物は明治三十一年二月(1898)に完成したものである。

 石川県加賀一ノ宮白山比咩神社より勧請された。現在の本神社の創建年月日は不詳といえども、旧記に正一位白山大権現社は清和天皇の御宇、貞観十八年(876)に勧請、元慶八年(884)に社殿の建立とある。
 その後、應安年中(1368〜1375)に社殿の一切を焼失しましたが、後小松天皇の御宇、喜慶二年(1389)再建された。
 天正年間(1573〜)には毛利輝元公より神田を賜った。慶長年間(1590〜)吉川廣家公、雲州富田の庄より当地に移封されてより氏子内の鎮守と仰ぎ吉川家暦世の産土神として崇敬されている。


 享保年間(1716〜)社殿の大造営、同十三年(1729)に神社林として城山の一部を奉納、元禄七年(1695)大鳥居の建立等、歴代の藩主の尊崇厚い神社とされている。
 当時の社殿は壮麗豪華にして工作の妙を極め、殊に拝殿、楼門においては精彩粉飾をつくし関西の東照宮と言い伝えられてきたが、惜しくも、明治二十三年十月二十三日、神殿、拝殿、回廊、楼門等の建造物を焼失してしまった。
 白山比咩神社の境内社

 錦川水神宮
 ご祭神 弥都波能売神

 毎年八月第一土曜に錦帯橋下の河原にて水の祭典が斎行される。

 御霊神社

 目の健康を守る神として古来より信仰を集めている。
BACK