葛木二上神社
かつらぎふたかみ ご祭神 豊布都霊神(建御雷神)
    大國御魂神
葛木倭文座天羽雷命神社
かつらきしとりにいますあめのはいかづちのみこと

ご祭神 倭文の祖、天羽雷命
加守(掃守)神社
かもり ご祭神 掃守の祖、天忍人命(産育の祖)
 
鎮座地 奈良県葛城市加守
 鎮座地は、奈良県葛城市加守。二上神社口駅より山頂への道を真直ぐ加守の集落をのぼりつめた丘陵上に東面して鎮座する。神域の背後はすぐ二上山麓に接した延喜式内社で、古い由緒をもつ神社であることはその神社名からも察せられる。
 葛木二上神社のご祭神、豊布都霊神又の名を建御雷神と申して大國主命國譲りの談合の結果、その御子、建御名方神と海辺で力競べの角力を取り、この難問を解決された神で、この角力は日本の名勝負の第一に挙げられている、現在武道体育の神として祭られている。大國御魂神は建速佐男神の御孫で非常に温和な神で、専ら富國に努力され、星祭の神つまり厄除けの神として祭られている。この二神を総じて、文と武の神、縁むずびの神として、あがめられている。



 葛木倭文坐天羽雷命神社のご祭神、天羽雷命は『古語拾遺』『日本書紀』によると、天照大神の荒衣・和衣の御衣を織り、後に天孫瓊瓊杵尊が天降り給うた時、御衣織としてともに降臨機織の術を教え授けられた神である。伊勢、駿河、伊豆、甲斐、近江、上野、丹後、但馬、因幡、伯耆、などの國々に祭られているがその根本の神と言はれて来た。倭文は文布で、子孫も倭文氏とし諸國に機織と裁縫の術を伝へた。
 摂社の掃守神社(祭神天忍人命)と二上神社(祭神大国魂命)は、本社倭文神社相殿に合祀されている。
 天忍人命は、『古語拾遺』に、神武天皇の御父、鵜草葺不合命の生れます時、海辺に宮室(産屋)を建て箒を造り蟹を掃ふ、是を以って蟹守と言ふとあり、中古掃部の職は、この神より出たものです。蟹守、加守は祓ひの意であり、この氏族は機織と共に全国に散在している。

 相殿にまつる摂社二上神社は、大国魂命をまつるが、由緒沿革は詳かでない。元々、葛木二上神社の分霊をまつる神社だったか、あるいは太古神体山(神奈備山)としての二上神社を山麓のこの地から拝んでいたが、後世になってから社殿を山頂に造営されたとも考えられるが確証はない。しかし、今山頂にまつる葛木二上神社と一体の神社だったことはたしかである。
 本殿の左右にある末社は、諏訪神社(祭神建御名方命)と天神社(祭神菅原道真)。
もうひとつの末社は宇伽神社で、本社境内の左側小丘陵上に鎮座する。稲倉魂命をまつる。
BACK