積田神社
つむた

御祭神 武甕槌命、天児屋根命
    経津主命、姫大神


鎮座地 三重県名張市夏見2162
 
 積田神社は又の名を積田の宮とも言われ、今から約1240年前の人皇四十八代称徳天皇の御宇神護景雲元年(767)丁未六月二十一日鹿島大神(武甕槌命)が常陸国鹿島より(現茨城県鹿島神宮)大和国春日大社(奈良)へ御遷幸の途次留在された霊蹟にして、古書に伊賀の国名張郡夏美郷御成の宮、或いは宇成神社とあるのは即ち是である。爾来、この神社が南都春日大社奥宮といわれている所以である。  
 





 旧記による鹿島大神御遷幸の行程は、次のように述べられている。白鹿に乗られ柿の枝を鞭とされ、供奉の社司時風秀行と舎人 紀乙野麿を従えて、鏡池(本社のすそを流れる供奉川・ぐぶがわを隔てて対岸にある小さな池で鹿島大神御遷幸の際、宮地をたずねられたとき、御神影が映ったという池)で始めてここで休まれてから一之瀬(一の井・ミヤの井とも言われ本殿の北方糸川の上流)で沐浴され次に宮橋を渡り(供奉川に架けられた御遷幸の時、お渡りになられた橋)本社に鎮座されたと言われる。また、この外 御遷幸の関係のあった霊蹟が今も数多く残っている。

「神柿」かみがき
 御遷幸の際、鞭とされた柿の枝を衝き立てておいたのが根づいたといわれ、今も本殿の裏の森の中に現存している。
鏡池社
この奧の供奉川に面してもうひとつ鳥居があり、川の向こうにある鏡池を遙拝している。









「鏡池」
積田神社のご祭神武甕槌命が、神護景雲元年旧六月二十一日常陸国鹿島(茨城県鹿島神宮)より大和国春日大社へ御遷幸の途次、この池に神影が映ったと云われ、鏡池と名付けられた所である。この池が濁ると奈良の猿沢池も濁ると伝えられている。
 
BACK