産田神社
うぶた

鎮座地 三重県熊野市有馬町1814

ご祭神 伊弉諾尊
    伊弉冉尊
    軻遇突智命

(合祀)天照皇大神
   大山祇命
   木華開耶姫命
   神武天皇
 産田川が横に流れ、清楚なたたずまいを見せている。口有馬奥有馬山崎の産土神であったが、現在志原尻からも氏子に入っている。

『南牟婁郡誌』によると「伝えていふ 伊弉冊尊此の地において軻遇智神を産み給ふ故に産田と名づく」とある。
 天正年間に兵火に罹り、古記録焼失創立年月日等詳かならずといえども崇神天皇の御代と伝へられる。伊弉冉尊此の地にて軻遇突智神を産み給ひし故に産田と称す。(産田は産処の義なりとす)後之を標する為に社を建て伊弉冉尊軻遇突智神とを祀り伊弉諾尊は夫神なればとて後に合せ祀れるなりといふ。長承元年3月崇徳天皇根来氏を供して行幸あらせられし事あり又代々の領主亦崇敬篤く社領を寄進して祭祀を厳修せられたり。
 明治40年12月6日天照皇大神、大山祇命、木華開耶姫、神武天皇の祭神を合祀する。御祭神の御神徳について今更申すも畏く、諾、冉、二神は生成化育の神に坐すを以って当社は古来安産守護、子授の大神として地方人の崇敬篤し。
〜参拝のしおりより〜
 祭日は、大祭が正月十日で御弓(的射)の神事が行われる。

 弓引き神事(1月10日)
奥有馬、口有馬の当屋から各一人ずつ選ばれた弓引きは宵宮の日、花の窟神社前の浜で身を清めた後、参籠殿にこもり一夜を過ごす。当日の朝は、産田川で身を清め、午前9時過ぎから行われる祭典が終了するまで、再び参籠殿にこもっている。式典が終ると弓引き神事が始まる。まず的に向って交互に2回矢を射る。次に4回ずつ矢を射って腕を競うのである。
また十一月十五日には厄よけの祭りを行う。産田神社の祭礼で特に注目されることは、直会のときに「ホウハン」と呼ばれる膳をいただくことである。
「ホウハン」〜「ホウハン」の献立〜
●汁かけ飯一碗
…米飯に白味噌を使った味噌汁をかけた汁かけご飯一碗
●骨付のさんまずし
…さんまを腹開きにし、骨をのこしたまま握ったすし
●アカイ(赤和え)
…生魚を細かく切ったものに唐辛子だけであえ、二切か 四切を皿にのせた「アカイ」と呼ばれる料理

「ホウハン」をいただくと厄落としができるとか、左利きがなおるなどといわれる。
BACK