牛鼻神社
うしはな

  
鎮座地 三重県南牟婁郡紀宝町鮒田
     字右市ヶ鼻<うしがはな>
    


御祭神 国霊日女尊、高倉下命
    大屋島子命、誉田別命 
    詞遇突智命、天児屋根命 
 当社の創建は、今を去る五千年と言い伝えられ紀州地方最古といわれる。
 江戸時代役牛による耕作が始まった頃より、牛の守り神として、字名にちなんで牛鼻と呼ばれるようになった。

 拝殿横に護符が並べてあった。牛の背中の宝珠の中に「牛鼻大神」と書いてある。
 また、神武天皇東征の折に牛の鼻を繋いだとも伝えられる。
 日本記に曰く、景行天皇重ねて南方の悪神を征し給う時、三輪崎荒坂山に軍立し給い、御陣を秋津野に召されて日久しく御粮尽きける時に熊野村の千翁命稲千束奉りて奉救す依って御陣堅固になり悪神共無為に治まる也。天皇御感のあまり千翁命姓を給い穂積と号す。


 命に三子あり、夏本、鈴木、宇井、日本武尊熊野村に御鎮座の時、大成夏木の元に檀を築き鈴をもって奉迎するに、右の功を称して三子の屋号とするという。故に本社の祭神は熊野三苗はじめ熊野地方一帯の祖神を祀るところ也。

 境内に石祠を祀る。右手の屋根のある石祠の中には二柱あり、一柱には「弋山大權現」とある。もう一柱は判読不明。
その横には「山の神」とあり、丸石を祀る。
BACK